地域案内

五香は日本で最初の居住地?

太古の昔から地殻の変動や気温の変化によって、東京湾も大きく変わって来ました。
松戸に人が住み始めたのは約3万年前、旧石器時代のことです。
富士・箱根方面の火山活動によって生じた火山灰が西風に運ばれ、成田層の上に堆積して、関東台地が出現したものと推定されています。
その関東ローム層(赤土とよばれる)の中から、日本で最初の人類生活のいとなみを伝える遺物が発見されています。
松戸市の子和清水(常盤平 ・旧五香六実・旧日暮)・市川市堀の内 丸山 今島田ゃ銚子市粟島台の遺跡から出土した大型の打製石器は、旧石器時代のものとして確認されています。
房総(子和清水など)に人類の営みが始められたのはかなり古く、ナウマンゾウやオオツノジカを食料としていたようです。この時代の遺跡は印旛沼や手賀沼周辺や房総の北西部に多くありますが、 これは大型獣が湿地の草原に住んでいたためではないかと考えられます。
今から約2万年前は、ヴュルム氷期の最後の最盛期にあたり、各地で大規模な氷河が発達したため海水面はいまより100m以上も低下し、東京湾は陸化していました。
縄文時代がはじまる約1万年前を境に気温は上昇し氷河が溶けると海面の上昇がはじまります。約5000年前になると海面が現在より3~5mほど高くなり、東京湾はもっとも内陸に入り込みます。 現在の浦安市、江東区、江戸川区、墨田区、台東区あたりは完全に水没していました。 約3000年前になると、気象は現代に近くなり、河川が運ぶ土砂によって海岸線は後退し、東京湾は現在とほとんど変らなくなっています。

長い氷河期が終わった縄文時代は温暖な時代でした。平均で現在より気温は2度ほど高く、植物や動物の楽園となりました。 これは人間にとっても楽園であり、豊富な食料(獣、魚、木の実等)が確保出来、安定した生活がおくれました。 特に東日本一帯(中部~関東、東北)が縄文時代の中心地になりました。これは東日本を覆っていた森林に関係があります。
平野こそ人口密度が高いように思われがちですが、この時代、川の氾濫は大きな問題で、利根川をはじめとする大河流域は危険地帯です。
利根川、手賀沼、印旛沼は一つの海で、周辺にも湿地帯が多くありました。しょっちゅう洪水となる大河の側は定住には向いていません。広大な関東平野のあちこちが湿地帯でした(渡良瀬遊水地のように)。

しかし房総は全般的に湧き水が多く台地状になっているところが多いため、大変住みやすい土地柄でした。

このため人口密度はきわめて高く、日本列島でも有数の人口をほこっていました。
当時はこの付近まで海岸がせまっていたと思われます。現在より海岸線が内側に入っており、これを縄文海進と呼んでいます。
縄文時代の貝塚は全国に分布し、約1500か所を数えます。おもに島原湾、伊勢湾、東京湾、松島湾などの太平洋沿岸に発達し、なぜか日本海沿岸には極めて少ないのです。
中でも関東地方には、約1000か所が集中し、特に東京湾沿岸には約600か所が密集しています。 しかも、この地方には大型貝塚を伴なう遺跡が最も数多く分布し、当時いかに東京湾沿岸で貝が採られていたかよくわかります。
弥生時代になっても東日本は大きな変化を見せません。しかし西日本では稲作が盛んになり、大陸や朝鮮半島からの渡来人による新しい文化が浸透し、一気に弥生化が進んでいきました。
東日本がすぐに弥生化しなかった理由は、それだけ住みやすい土地だったということだと思います。南関東で弥生式の農耕社会が形成されたのは宮ノ台式土器の時期で、1世紀頃にあたります。
房総の古代文化は俗に「黒潮文化」と呼ばれます。黒潮に乗って南西日本からの文化が流入するからです。
南関東には再葬墓の風習がありました。遺体を仮埋葬し、白骨化した骨だけを納骨用の土器に収納した埋める風習です。稲作とともに方形周溝墓が普及し、再葬墓の風習はなくなります。
稲作の時代に入るとムラは大規模な環濠集落に変わります。佐賀の吉野ヶ里遺跡が有名ですが、房総では佐倉市の六崎大崎台遺跡があります。直径140mに及ぶ濠で囲まれた集落には153軒の住居跡が見つかっています。
谷を隔てた西側に43基の方形周溝墓があります(寺崎向原遺跡)。計画的にムラづくりが行われたことがわかります。
環濠集落や方形周溝墓は台地にありますが、周辺の低地には水田が広がっていたと思われます。